ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

松尾大河(秀岳館・熊本)はなぜヤンキー?

   

sponsored link


松尾大河選手はなぜヤンキーと言われるのでしょう。いや、正確にはまるでヤンキーではありません。しかし「松尾大河」といえば「ヤンキー」と出てくるのは、よくあるネットの一時的な現象でしょうか。

松尾大河選手はドラフトでも堂々と注目されています。

鍛治舎巧監督が枚方ボーイズから優秀選手を誘って熊本の秀岳館に集めた。ーーーとは、善し悪しはともかく秀岳館にドラフトで一目置かれる逸材の揃っていることを示しています。

最新の記録は、何と言っても8月18日、常総学院との準々決勝で、レフトスタンドに向けてソロホームランを打ったことです。

 

上記の、松尾大河選手がヤンキーかという話ですが。まるでその根拠は見つかりません。夏の甲子園では6番をつけており、熊本大会決勝では打順で3番を打ちました。

秀岳館では松尾大河選手の他にも、木本凌雅九鬼隆平堀江航平選手など長打力に優れた選手が多数います。
参照記事:九鬼隆平(くきりゅうへい)の父は池田高校、監督は鍛治舎巧氏

 

ネットでも注目されているのは即、実力があると割り切っていいでしょう。ネットの語句はしばしば、有名人の名前の横に障害とか病名などが並べられる現象があり、悪意を感じますから、気持ちのよいものではありません。

しかしこのヤンキーという言葉には、実力あるスポーツ選手への憧れや賛辞が篭もっているのかもしれませんね。

松尾大河選手は期待されて、2年生の秋に九州大会等で活躍し、秀岳館は神宮球場にも出場しました。2016年春の選抜では、「19打数6安打、打率.316」という好成績で注目されました。

また今年の夏の熊本県予選では「打率.412」「6盗塁」をマークしています。

特に選抜の二回戦、3月27日の南陽工戦では、2回裏2死1、2塁チャンスに3ランホームランを放ち、劇的なシーンを作りました。その時に、インタビューで結果を、松尾大河選手の亡くなった祖父の晴紀さんに伝えたい・・というコメントがあり、ヤンキーどころかむしろ家族思いの、清々しい高校生の姿を感じます。

 

th_0-78

 

松尾大河選手の基本情報は、

身長体重投打:   174センチ 73キロ 右投げ右打ち
出身:       茨木市立三島中学校   オール枚方ボーイズ
中学時代の戦績:  ジャイアンツカップ優勝など全国大会5冠を達成

 

ということで、夏の甲子園もまだまだ準決勝、決勝が残っています。さらに劇的な活躍でもり立ててもらえそうです。期待しています。

 

 

sponsored link


 - スポーツ, 高校野球 , ,