ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

SMAP解散報道のサイゾー、揖斐憲氏、岩崎貴久氏とは

   

sponsored link


SMAP解散の報道が流れ、衝撃の走った8月13日でした。8月14日に発表されるとのニュースを受け、ガセネタだとか、いや信憑性があるとか、熱い議論が闘わされている本日です。

 

SMAP解散うんぬんについて、これまでの経緯は省略します。しかし、リオ五輪の只中、お盆の只中に、あえて解散の報道とはどういうことか?
はっきりと「14日」と報じたのはサイゾーウーマンでした。

 

 SMAP、明日14日に「解散」発表! 歴史に幕を下ろす

「どうせ復活する見込みもないならと、急きょ方向転換があったようです。結局5人はジャニーズに籍を置いたまま、各々活動を続けることになりそうで すが、来年の9月の契約更新で、果たしてどれだけのメンバーが残るのか。そう考えれば、グループ解散を切り出したのは木村と考えるのが妥当でしょうね」 (同)

サイゾーウーマン  8月13日の記事より)

 

この記事はいま有名なので略として「サイゾー」、そして系列の「サイゾーウーマン」とは何でしょうか? 知っている方には今さらですが、個人的によく知らなかったので確認しています。

 

日刊サイゾーとは【1999年に創刊された月刊総合情報誌「サイゾー」(「月刊サイゾー」)のニュースブログとして誕生】したそうです。

 

そして会社概要によると、代表者は揖斐憲氏、広告担当執行役員として甲州一隆氏、出版担当執行役員として岩崎貴久氏の名前が挙がっています。

そのサイゾーでいま話題になっている揖斐憲氏、岩崎貴久氏とはどんな方でしょう? まずは写真を探すと・・・揖斐氏。

こういう記事も・・・

 

 

う〜ん。

かなり厳しいコメントが目に付きます。

しかし、月刊誌「サイゾー」が創刊されたのは1999年。そして情報サイトとして「日刊サイゾー」が始まったのが2006年。初めての書籍発行は『営業は洗脳』苫米地英人著だそうです。

 

 

岩崎貴久氏については、こんな解説です。↓

編集プロダクション勤務後、週刊誌編集部を経て、インフォバーン入社。「サイゾー」編集部に配属。2007年インフォバーン出版部門の独立に伴い、株式会社サイゾーへ転籍。

また揖斐憲氏については以下。 ↓

1998年、株式会社インフォバーン にて、月刊サイゾーの立ち上げに携わったのち、2002年に同誌編集長に。2007年、インフォバーンより分社独立するかたちで株式会社サイゾーを設立、代表取締役に就任する。

 

・・・正直、よくは分かりません^_^;

サイゾーについて悪口が多いのは、力がある証拠でもあるのでしょう。今回の『SMAP解散』については、ファンでなくても大ニュースでした。

 

それにしても、真相はいかに??? すでに14日になりました。SMAPがもし解散したら・・・他のニュースと同列では論じられませんが、もう、全国のファンが落ち着かない時間を過ごしています。

 

 

th_037

 

SMAP解散というと、「smap解散すればいい」という語句も出てきて、ちょっとばかり面食らいました。

14日になれば、少なくとも14日に発表があるという件については真偽が明らかになるので、もう少し、情報を待つばかりです。

 

 

sponsored link


 - マスコミ, 俳優・音楽 , , ,