ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

常葉菊川高校(静岡代表)選手一覧 98回全国高校野球

   

sponsored link


常葉菊川高校(静岡代表・第98回全国高校野球選手権大会)の選手一覧です。夏の甲子園の静岡代表として常葉菊川高校が優勝しました。

決勝は7月27日に草薙球場で行われ、【常葉菊川 12‐0 袋井】の結果でした。

常葉菊川は3年ぶり5回目の甲子園出場になります。

代表的な出場選手(スタートメンバー)の情報は、打順により以下の通りです。守備、学年の他に球歴は一般に前のものを示しますが常葉菊川では高校からの球歴になります。打順は地方大会優勝時のものです。

打順 名前 球歴 守備 学年
1 栗原健 常磐菊川 3年
2 赤井啓輔 常磐菊川 3年
3 鈴木蓮夢 常磐菊川 3年
4 米沢利紀 常磐菊川 3年
5 坂本章善 常磐菊川 3年
6 堀慶一朗 常磐菊川 3年
7 若松弘樹 常磐菊川 3年
8 落合竜杜 常磐菊川 3年
9 山本雄大 常磐菊川 3年

野球部監督は森下知幸氏で浜松商業の出身です。

森下知幸監督を巡っては、甲子園出場が決まった後に退任を発表し、選手も世の中も(!?)驚きました。結果的には甲子園までは采配を振るうことに収まりました。しかし、監督のことはともかくとしても、野球に打ち込んでいる高校生球児たちには、影響しないように配慮していただきたいです。

こちらの記事はプロ野球球団スカウトの人のコメントということですが・・

「森下監督は常葉菊川の事務職員、教員ではなくいわゆる『職業監督』です。野球で結果を出すことで給料をもらっている彼にすれば、少しでも早く移籍先である御殿場西の野球部の指導に入りたい。御殿場西は今夏の静岡大会で3回戦敗退。常葉菊川を率いて甲子園に出てしまうと、新チームの始動が1カ月遅れてしまう。9月にはもう来春のセンバツ出場を懸けた県の秋季大会が始まりますからね。御殿場西は92年センバツに初出場して以来、甲子園から遠ざかっている。その御殿場西を優勝させれば、森下監督の評価は上がる。こんな強引なやり方で転職するくらいですから、御殿場西からは常葉菊川以上の条件を用意されたのでしょう。
(日刊ゲンダイ 7月30日より)

この辺のことはよく分かりません。御殿場西高校にも御殿場西の事情があることでしょうか。

他におもに投手として次の選手がいます。

栗原健 3年生 常葉菊川(もと投手)
漢人友也 1年生 掛川市立桜が丘中

栗原健選手はホームランで注目を浴びました。170cm73kg 左投げ左打ち 、50m5秒8、元投手という優れた資質でドラフト候補とされます。

(以下の選手名には歴代の選手を含みます)

◎常葉菊川の投手
漢人友也・栗原健

◎常葉菊川の捕手
赤井啓輔

th_007

◎常葉菊川の内野手
米沢利紀・鈴木蓮夢・若松弘樹・堀慶一朗

◎常葉菊川の外野手
落合竜杜・松本圭生・坂本章善

常葉学園(とこはがくえん)菊川高等学校は静岡県の菊川市にある私立の高校です。

栗原健選手はじめ、常葉菊川高校の選手の皆さんのご活躍を期待しています。

 

 

sponsored link


 - 高校野球 ,