ツイてる、気になる

気になる情報のメモです。

*

都連のドン内田茂、都議を自殺に追いやり五輪施設受注?

   

sponsored link


自民党都連のドンとされる内田茂幹事長が、元都議の樺山卓司氏を自殺に追いやったのではないかと先日、都議自殺関連の「都議会のドン」とは内田茂氏なのか? に書きましたが、7月28日、樺山卓司元都議の奥さまの樺山京子さんが、小池百合子さんの応援演説に立たれました。

京子さんが公の場で、自身の考えを述べるのは初めて。「旧(ふる)い体質の自民党を解体してほしいと、主人の遺書にも書いてあった。それが、この時期だと 思う」と主張し、「小池さんには、都政に新しい風を吹き込む知事になって欲しい。それが主人の気持ちでもある」と述べ、小池氏への支持を訴えた。  (日刊スポーツ 7月28日より)

もう一度猪瀬氏のツイートを紹介すると以下になります。

猪瀬氏が「内田茂幹事長の陰湿ないじめ」と断じています。一方で内田氏側は否定しています。刑事告訴されたわけでない現状で、それ以上は言えないということかもしれません(が、かなり疑問)。A氏とぼかした表現の報道が多かったのですが、もはやぼかす必要があるのでしょうか、これも疑問です。

 

しかしそれと別件で、やはり7月28日に明らかにされたのが、週刊文春の記事でした。内田氏が役員を務める会社(東光電気工事)が、東京オリンピックの工事を受注。それ自体は違法ではないながら、以下の内容です。

東光電気工事は、五輪施設だけではなく、豊洲新市場の関連工事など、都発注の工事もたびたび受注。売上高は、内田氏が復活当選する2013年までは700億円前後だったが、2014年には約1000億円へと急成長している。(週刊文春 WEB7月28日より)

都連の幹事長が、都の発注を受けているとしたら、やはり黒いイメージは覆せないかも。

今週の週刊文春デジタル・記事一覧には、次の目次が並びます。

▼都議会のドン 内田茂(77)「黒歴史」
小池百合子に「どっちが上座かわかっているのか」
●新知事の〈クビ〉と〈都連資金10億円〉を握る自民都連幹事長
●遺書に「内田、許さない」 〈自殺都議〉の遺族が告発
●舛添と一緒 毎年〈事務所費100万円〉が娘に還流
●教師殴って高校中退 〈テキヤ〉〈雀荘経営〉から〈鳩山家の下足番〉

(以下略)

これだけで真相は分かりませんが、目次だけ見てもかなり怖いです。新聞広告にもこれらは大きく取り上げられています。

 

雑誌の見出しとはいえ「新知事の〈クビ〉と〈都連資金10億円〉を握る自民都連幹事長」とは、そんなのありですか? 文字通り受け取ったら、新しい知事が選ばれても内田氏がその「クビ」を握るのでしょうか?

 


  そして

さらに・・

うわ・・もうたくさん、と言いたくなる中身ではあります。しかし、いま今度は内田氏と向かい合うことになる都知事を選ぼうとしている訳です。石原親子さん「この記事が本当なら」なぜそんなに内田さんの言いなりになっているのでしょうか? あの石原慎太郎さんでさえ!?? 謎です。

th_027

 

文春を巡っては、女性問題の報道について鳥越俊太郎氏が文春を刑事告訴すると言うことで、穏やかではありません。しかし文春も、そういう事態は想定して記事にしているでしょうから、いずれは、本人の説明が求められそうです。

内田茂さんに関わる件は、まさに現在進行形です。

 

 

sponsored link


 - 事件 ,